ニュース‎ > ‎

第3回「子ども向け心理学実験 体験型ワークショップ」アイデアソンの開催のお知らせ

日本基礎心理学会「心の実験パッケージ開発委員会」では、心理学を中心に、教育工学からメディアアートまで様々な分野の研究者が集まり、子ども向けの心理学実験教材や教授法の開発を進めています。 

今回のWSテーマは「認知バイアス」です。人間の知覚や認知に生じるバイアスは、認知心理学や社会心理学だけでなく、行動経済学などでも研究されています。
バイアスはネガティブなものばかりとは限りません、自尊心を維持するのに役立つポジティブなバイアスもあります。
そうした人間ならではのバイアス現象を子どもにも「分かりやすく!」「面白く!」かつ「自分ごと!」として伝わる体験型ワークショップを一緒に企画してみませんか。

今回、第一線で活躍する社会心理学者をお招きしています。
優秀企画者は表彰だけでなく、パッケージ化の際にはオーサークレジットが記され、科学館での実践の機会が与えられます。奮ってご参加ください!

※ アイデアソンとは、アイディア(idea)+マラソン(Marathon)を掛け合わせた語

第2回アイディアソンの様子



日時
2018年11月30日(金)10:00~18:00

会場

fab café Tokyo 2階

参加費

無料(昼食付き)

ワークショップ優秀企画賞について

ワークショップ企画発表会を行い、審査のうえ、優秀企画については、日本基礎心理学会「心の実験パッケージ開発」委員会「ワークショップ優秀企画賞」として表彰いたします。
また、受賞者には、受賞企画の教材開発および科学館等でのワークショップ実践に開発者として研究にご参加いただきたいと思います。
今年は、審査委員として以下の方をお招きしています。
  • 佐藤 隆夫         先生(立命館大学)
  • 高比良 美詠子 先生(立正大学)
  • 森 津太子         先生(放送大学)
  • 佐々木 有美     先生(多摩六都科学館)

お申込(締切:2018年11月25日)
下記フォームよりご登録ください。

また、チーム編成の都合上、参加を希望される方には、これまでのご研究やご活動の内容が分かる参考資料を下記リンク先よりご提出いただきます。
簡単で構いませんので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

定員

20名程度(計4チーム程度) 
※ 申込多数の場合は若手を優先させていただきます。
※ 見学ご希望の方は、コンタクトページからお知らせください


参考サイト

過去の教材開発やワークショップの履歴が見られます。


企画・ファシリテータ

「心の実験パッケージ」開発委員会

  • 渡邊 淳司 (NTTコミュニケーション科学基礎研究所、委員長) 
  • 北崎 充晃 (豊橋技術科学大学、副委員長) 
  • 大崎 章弘 (お茶の水女子大学) 
  • 吉田 成朗 (東京大学) 
  • 上田 祥代 (豊橋技術科学大学) 
  • 茅原 拓朗 (宮城大学) 
  • 池田 まさみ (十文字学園女子大学)
  • 川畑 秀明 (慶應義塾大学) 
  • 佐藤 隆夫 (立命館大学) 

URCF クロスモーダルデザインWG

  • 鳴海 拓志 (東京大学) 
  • 小泉 直也 (電気通信大学) 
  • 金 ジョンヒョン (博報堂)


お問い合わせ

日本基礎心理学会「心の実験パッケージ」開発委員会