ワークショップ教材

他人のそら似生成機

2015年〜
キーワード:顔、記憶、視覚、他人顔、他人のそら似
機材:コンピュータ、webカメラ、プリンタ、名刺用紙、お面(あれば)、卓上三脚(あれば)


「顔の記憶」をテーマとしたワークショップのために開発したソフトウェア「他人のそら似生成機(Accidental Resemblance Generator, ARG)」では、撮影した顔写真の眉や目、鼻、口の位置やサイズ、顔輪郭の形状を、任意のパラメータ値で変化させ「他人顔」を生成することができます。「他人顔」の生成には、我々の研究成果である他人顔生成アルゴリズムを利用しています。(川瀬ら、Mob Scene Filter:顔部位の形状・位置変形を利用した他人顔変換手法、VR学会論文誌、2016)

ワークショップでは、ワークショップ講師の顔や、受付時に撮影した参加者の顔をARGを用いて数種類の「他人顔」に変換し、その中に含まれている本当の顔(無変換)を当てる実験を行います。実験結果(間違えたパラメータ値)についてどのような特徴があるか参加者と共に考察し、物理的な顔(=鏡に映る顔)と記憶の中の顔(=心に映る顔)の違いから、顔の認知や記憶の仕組みについて理解を深めることができます。

2016年7月には、日本心理学会・横浜市・国際心理学会議・日本基礎心理学会の4団体の共催により、「顔の記憶実験:自分の顔を探せ!鏡に映る顔、心に映る顔」を開催しました。参加者からは「人間の記憶の特徴や研究手法を楽しく学ぶことができた」など、興味深い感想が多く寄せられました。

他にも、Ars Electronicaや熊本市現代美術館、グランフロント大阪、ニコニコ超会議2016などでもARGを用いたワークショップや展示を開催し、好評を博しています。


Face Homunculus Viewer

2012年〜
キーワード:顔、触覚、触二点閾、ホムンクルス
機材:コンピュータ、webカメラ、ノギス、アイマスク


自分の顔写真を、額と唇の「触力」(触覚の二点弁別の感度)に基づいて、変形するソフトウェアである「Face Homunculus Viewer(FHV)」を利用したワークショップです。

二点弁別の感度が高いところ部位を大きく表示することで、物理的な皮膚の大きさと、私たちの心が感じている皮膚の大きさ、その感覚処理に対応する脳の部位の大きさが異なっていることを可視化します。

メディア技術を使って、子どもたちに自分たちの反応(測定の結果)を視覚的に体験してもらい、ふだん意識することのない「脳と身体知覚の関係」について理解を深めてもらうと同時に、子どもたちの「科学的なものの見方」や「知的探究心」を育むことを目指しています。