心理学と脳科学をつなぐ子ども向け教材の開発とワークショップ

「心の実験パッケージ」開発委員会は、科学教育の推進および生涯学習の充実などの社会的要請に応えるべく、2012年に日本基礎心理学会に設置されました。

心理学を中心に、教育、バーチャルリアリティ、メディアアートなど多様な分野の研究者が集い、インタラクティブ技術を取り入れた「体験型心理学教材」の開発と、体験型教材を効果的に利用して心理学的現象を教授するメディアワークショップの運営とその普及を行っています。

インタラクティブ技術を駆使することで、子どもたちが体験を通して現象の成り立ちを理解・考察することを促し、「科学的思考」や「知的探究心」を持つようになることを目指しています。

あわせて、教材およびそれを用いたワークショップを誰でも実行可能なパッケージとして普及させることで、「科学としての心理学」を全国の子どもたちに伝えることが狙いです。

ワークショップは全国の科学館などで開催しており、教材の貸出も随時行っています。

本委員会では、今後も知覚・認知に関わる現象を素材とした体験型教材の開発やワークショップを展開していく予定です。